Zanm presents 黎明 20181103

  

長らく使っていなかったブログを使って、11月3日に開催する Zanm企画「黎明」について書こうと思います。

 

 

【出演バンド】 

①Dumass 

3ピースハードコアバンド、Dumass

個人的な事ですがドラムの池上がサークルの後輩であり、今回の企画に誘うことになりました。ふとTwitterを見たら彼がバンド始めたとのことでチェックしてみたら、ボーカルかギターだった彼がなぜかドラムを叩いています。

 

3ピースハードコアです。早い、短い、楽しい系のバンドっていいですよね。

音源自体はTwitterに上がってる動画を見ただけなのですが、きっとパンチのあるライブをしてくれるかと思います。

 

 

  

②ano

「ano are...
-こんな私だからこそ、あなたのことこんなにも愛せるから-
一億総メンヘラ時代に舞い降りた、絶対的片想い”西野カナ系ハードコア"バンド」

 

オフィシャルホームページにこんな文が書かれています。

西野カナ系ハードコア、こんなにもしっくりくるバンドの紹介文は他に無いと思う。

 

女性のストレートで正直な感情をハードコアサウンドにのせて歌うバンドです。

現在はサポートにキーボードが加わり、感情爆発メンヘラ度が一層増しております。(※誉め言葉です。)

私はこのMVの曲が大好きです。

  

www.youtube.com

 

ですがanoは二月に解散します。

本当に残念だし、解散する理由は様々だと思いますが、anoを見れるのは残り少ないです。

 

ちなみにZanmのギターの関根さんがベースを弾いています。

ほぼギターと同じエフェクターボードを使っています。狂気です。 

③yukue 

大大大好きなバンドです。

初ライブから見ているものすごく大切なバンド、自分のバンドの初企画に出てもらえることになって本当に嬉しい。

 

東京で活動する3ピースバンド。

知り合いに「yukueってバンドがいいよ」というと「どんなバンド?」言われてすごく困るのがある。ポストロック、エモ、ハードコアなどをベースにシャウトもできる、インストもできて、唄も歌える、それでシンガロングまでできるから。

すごく器用なバンドだなと思います。

でもそれを昇華して自らの音、曲にしている感じが彼らの音楽の大好きなところです。

 

最近ですが京都のyou,anyというバンドとスプリットを出しました。

そのスプリットに入っているMVです。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

同じバンドでこれほど違う曲を作れるのは単純にすごいと思う。

ともかく、とりあえずライブの彼らを見てほしいです。

 

④the Ashtrays

栃木を中心に活動しているエモロックバンド、今回最後に発表したバンドです。

ひじょーーーーに爽やかですね。

日本ならELLEとかハイスタとか、海外ならNew Found GloryとかSum41好きでしょ?だったら好きじゃんって感じです。

 

11月に新譜が出るようで楽しみです。

 

 

www.youtube.com

 

今月もechoes行って思ったのだけど、こういったメロディック・エモパンクはいつまでも好きでいたいと思う。

こんなまっすぐなパンクができる大人ってかっこいいじゃないですか。こういったバンドがいつまでも続いてほしいと思う。

 

【スタジオパックス北千住店】

場所は北千住にあるスタジオパックス、詳細は以下URLを参照してください。

埼玉・千葉・東京の音楽スタジオ | バンド練習・レコーディング・ライブ・演奏機材レンタル可のパックス 北千住店

 

北千住駅から徒歩4分、商店街の中にあるビルの4Fです。

部屋はKスタジオ。

 

そもそも今回、スタジオライブを企画する上で色々な場所の候補がありその中でスタジオパックス北千住店を選びました。

パックスで働いていてsans visageAGATHAでドラムを叩いているコウくんに「スタジオライブやりたいんだけどパックスについて聞きたい!」ってライン送ったら、速攻で「やりましょう!」って返事来て、すごく嬉しかった...

当日彼は別件でいない事が決まっていたにも関わらず、部屋の予約からそもそもスタジオライブのやり方、どういう風に進めて行ったらいいかまで教えてくれて本当に助かりました。(連絡遅くて本当にごめんなさい)

 

彼自身が活動しているバンドはsans visageAGATHAなどがあるのだけど、「ungulates」って名前で個人で海外バンドを招致しています。個人ですよ、個人。すごくないですか。

そして11月に海外バンドを2つ招致するとのことで。

詳細は以下のブログに書いてあります。(文章量えげつないな)

 

smurduok.hateblo.jp

 

SOCIAL CIRCUIT

 マレーシア/クアラルンプールのEMO/POP PUNKバンド SOCIAL CIRCUIT 

www.youtube.com

 

個人的に東南アジアのバンドが好きで、それだけでオオー!って感じなのだけ、直球に好みなエモ、ポップパンク感でもう最高。激情ハードコア、ポストロックはいくつか知っていたのだけど、ポップパンクもいたのか!という感じ。

ツアーの1日程にはみんな大好きendzweckが出るみたいです。

 

Blind Girls

オーストラリアの激情ハードコアバンド、Blind Girls

sans visageとのスプリットで初めて知ったがきっかけ。

www.youtube.com

 

こういうタイトで激しい暗いカオスなハードコアが本当に大好き。同じような趣味の人は絶対見たほうがいいし、自分もまだ生で見たことないので今回はぜひ見に行きたいと思う。

思ったのだけど、こんなバンドと3ピースで立ち向かえるsans visageってすごくないですか。

www.youtube.com

 

【Zanmの紹介】

他のバンドを紹介することがメインなのでざっと自分のバンド紹介します。

色々発表しすぎて自分でも訳が分からなくなってます。

 

①既存曲3曲無料ダウンロード

現メンバー前に録音した音源3曲が11月3日まで無料ダウンロード可能です。その後は有料になると思います。

zanm.bandcamp.com

②来場者50名限定 新曲「迎えに」ダウンロードコード配布

11月3日のライブ来場者向けに新曲のダウンロードコードを配ります。

 

③新曲「迎えに」のMVを公開

いいMVなのでせひ見て下さい。撮影、編集はanoのはしぞえさんです。

www.youtube.com

 

④バンドホームページ公開

ボーカルのまさきさんが夜なべして作ったので見て下さい。

スマホとPCで見え方が違うみたいです。(本当に違う・・・!)

zanmband.html.xdomain.jp

 

 ⑤Tシャツ発売

今日公開したのですが当日Tシャツを発売します。(詳細はTwitterアカウントへ)

デザインはボーカルのまさきさん。

 

 

【最後に】

3年活動していたバンドがやっと初ライブで初企画をします。

3年間でできた曲は5曲(そのうち2曲はここ半年でできたもの・・・)

メンバーも楽器のパートも変わりました。

でも今が一番いい状態だとメンバー全員が実感しているんじゃないかなと思います。

この企画にあたり協力してくれた方々、ありがとうございます。

ライブが楽しみです。

 

ありがとうございました!

 

9月23日 - yukue presents "夜と海"

9月23日、yukue presents "夜と海"を見に行ってきました。

 

f:id:tm110375:20170924224452j:plain

 

①I have a hurt

1バンド目、I have a hurt

bloodthirsty butcherskiwirollなどの90’Sジャパニーズemo系統に激情系ハードコア要素を感じる4ピースバンド。

今回企画をしたyukueのドラムの賢ちゃんに、「I have a hurtってすごいバンドがいるよ」と言われ、去年Erase The Periodの企画で実際にライブを見た。言葉にならないくらいのショックを受けて、ライブ終わってすぐに「I have a hurtまじでやばい」ってラインでメッセージを送った。 

 

衝撃的かつ圧倒的な音、でもすぐに壊れてしまいそうな、少し悲しみを抱えた雰囲気を感じる音。その今にでも壊れて無くなってしまいそうな爆音がいつまでも心地よく聞こえる。

それと歌。苦しみばかりの社会や変わりゆく生活の荒波に飲まれ、今にも崩れて消えてしまいたい弱い自分を肯定してくれるようなボーカル蜷川さんの歌がすごく好きだ。

あとリズム隊がとんでもない。ベースとドラムまじでどこからどうやって音出してるの?芯があるとかそういった表現では足りない、もはや大木のような音。

 

この日は(個人的には)意外にもトップバッター。それでもI have a hurtはI have a hurtのまま、いつも以上にものすごくかっこよかった。

 

www.youtube.com

 

 この映像で宣伝している企画も行ったけども、本当に素晴らしかった。

 

I have a hurtは長年活動していながら、音源がない。そんなバンドが9月27日に11曲入りのフルアルバムを出す。

そのMVがつい先日公開されたので載せます。

www.youtube.com

好きだ。ものすごく好きだ。

自分の周りにはI have a hurtを愛している人が多い。好きだというのもおこがましく感じる部分がある。自分は去年初めて知った程度の人間かもしれないけど、その人達に負けないくらい好きになりたい。

やっと自分の音楽プレイヤーに「I have a hurt」の名前が並ぶ。画面をスクロールしてその文字を見つけたら真っ先にそのアルバムを流すだろう。

 

9月30日にレコ発ライブがあるそうなので、時間がある人は是非ともライブを見てほしい。

自分は行く。

9spices.rinky.info

 

②you,any

2バンド目、you,any

透き通るような女性ボーカルの声が特徴的な京都の3ピースバンド。

PVで音源を聞いていた程度でライブは初めて見たけど、すごい良かった。家で聞いていた曲の印象とは違って、ライブはすごく力強かったように感じた。

 

you,anyはハードコアやエモ、ポストロックといったジャンルではないと思う。でもジャンルを意識させるような余計な要素がないから、その分歌の良さが純粋に聞こえるし、体に入ってくる。"歌モノ"って言ってしまえばそれまでかもしれないけど、そういった簡単な表現の枠には留めたくないと感じるバンド。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

当日のライブは上のライブ映像のように3人がものすごくライブを楽しんでいて、一瞬一瞬を大切にしようとしている感じが伝わってきてすごい微笑ましかった。

京都から東京に来てくれて、こんな良いイベントでライブを目の当たりにすることができて本当に良かった。

  

③水槽のクジラ

3バンド目、水槽のクジラ

東京のオルタナティブ4ピースバンド。しっかりとした力強いリズムと空間全体に響き渡るギターとそこに乗る優しい歌声。印象深いメロディーの曲群。

すごいなと感じたのは、リードギターの方の多彩な音を出す技術。キャッチーな曲に飽きさせない奥深さを感じさせることができるギターだなと感じた。まず足元のエフェクターが畳2畳分位ある。

 

水槽のクジラには季節を感じる部分が合って、自分が思うのは暖かくなり始めた春先の頃。3月から4月の、季節の変わり目。人それぞれ何かが変わっていく季節。

 

www.youtube.com

この曲がすごい好き。

 

水槽のクジラはコンスタントに活動してライブをして、MVを何本も出して、良い曲を量産し続けている。それはすごいことだ。

 

www.youtube.com

 

当日のライブもすごくいいライブだった。決して拳を上げるような音楽ではないかもしれないけれど、聞いている人に響く良いライブだったと思う。

 

④yukue

4バンド目、トリのyukue

American footballのようなポストロック・エモを感じさせるギターと伸びやかな歌、それとは正反対の3cmtourのようなシャウトが映える、東京の3ピースバンド

テクニカルなインスト曲もあれば、ドラムの手数が多いスピード感のあるシャウト中心の曲もあり。綺麗なメロディーの歌中心の曲もある。

ギター、ベース、ドラム構成の3ピースバンドにおいて、全体の音数が少ない分、こういった伝える手法を複数持っているのはすごく武器であると思う。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

当日のライブもyukue節全開。こんなに曲はかっこいいのに、MCは笑いまくりで終始和みまくり。愛に溢れるライブであったと思う。

 

たこの日は、MVでも公開した"まるで線画のような"が入っている、1stMiniAlbum「Why don't you dance?」のレコ初ライブ。MVが公開されてからずっと聞いてきたこの曲もライブで初めて聞くことができて、ものすごく嬉しかった。

本編最後の「港へ」は個人的な想いが溢れまくってどうにかなってしまいそうだった。

 

www.youtube.com

 

個人的にyukueに関してはここでは書ききれないくらいの愛と感謝がある。

初ステージからライブ見させてもらい、ライブへ行けばこんな自分をいつも暖かく迎えてくれる。

たまにスタッフまがいな中途半端なことをさせてもらっているが、いつも「ありがとう」と声をかけてくれる。

遠征へもついて行かせてもらい、たくさんの思い出をもらった。

 

彼らのそんなyukueが初めてのアルバムを出して初めての企画を成功させた。こんなに嬉しいことは無い。

 

彼らが全身全霊を込めて作ったであろう1stMiniAlbum「Why don't you dance?」がより多くの人に届いて、その人達の生活の一部になってほしい。

公式通販でも販売しているそうなので、ぜひ手にとってほしい。

yukueshop.thebase.in

 

yukueのみんな

本当におめでとう

 

8月16日 - quiqui presents "市民の森"

8月16日、仕事終わりに岐阜のバンド、quiquiの東京企画を見に行きました。

 

f:id:tm110375:20170820144222j:plain

(看板の前が丁度喫煙場の前で、急いでサッと撮ったのでボケボケ)

 

会場について

会場は東京メトロ東西線神楽坂駅から徒歩1分程度の場所の地下1階

比較的最近できた箱のようで内装はとてもきれいだし、お洒落なバースペースにライブスペースが併設されたような空間だった。バースペースもライブスペースも禁煙だったのがよい。(このライブの時だけだったかも知れないが。)

椅子もいくつかあって休憩できるし、見に行く側としては非常に嬉しい。ずっとライブ見てるの疲れるし。あと食事もできるようで、誰かが注文していたカレーがすごいうまそうだった。

ホームページに詳しくに書いてあるので、気になる人は見てみて下さい。

トップページ - kagurane / kgrn

 

①capelight

(自分の中で)超話題の激情ハードコアバンド。loma prietaやblue friend系が感じられる、バイオレンス系ハードコア。実はめちゃくちゃ見たかったけど今回が初めて。

1バンド目にふさわしい衝撃。刃物で体をズタズタに切り裂かれるようなキレのあるギターがゴリゴリのベースとタイトなドラムにピタッと合わさる音はいつ聞いても心地よい。ギター・ベースボーカルのボーカルの掛け合いもよく、興奮が止まらなかった。

1曲1曲は短いけども、よくありがちなとんでもなくメチャクチャな「え??なにこれ??今何やってるの??」って感じはあまりなく、すごい計算されてるなーと感じた。「このキメとか展開最高!!!!このリフも最高〜〜〜〜!!!!!」みたいな部分が30箇所くらいあったような気がするので、聞いていてずっと楽しかったな。

 

www.youtube.com

 

5000という同じ激情バンドとのスプリットがこれまたすごい、内容が濃すぎる。こういった激情系(その中でもカオティック、バイオレンス系)の音楽は、短い曲の中でどれだけ濃密で、かつインパクトのある曲ができるかによると思うのだけど、この2バンドの曲はそれを軽々こなしているような気がするし、聞いた後の「ああ、すごい。まじですごい。何だかすごいぞ。」みたいな感覚がいつも消えない。これからこの日本の激情界隈を背負って立つバンドになってほしい。聞いた話、これでメンバーが20代前半の人たちばかりだとか末恐ろしい。

 

www.youtube.com

 

 ②day's eye

2バンド目。曲を全く知らずに初めて見た。

女性ボーカルのしっとりした感じの歌モノ系なのかなーと思ったら意外。激情系サウンド+女性ボーカルの組み合わせがすごく合っていた。ギターのアルペジオにのる女性ボーカルの方のきれいな歌声と、その声からは想像できない力強いシャウトが聞けるパートへの曲展開が素晴らしかった。でも曲全体聞くと衝撃よりは、爽やかさとか心地よさがすごく残る。

www.youtube.com

ハードコアをやるならって男!って考えがちな気もするけど、このジャンルにこういった女性ボーカルの良さを取り入れた形の音楽ってあまりないように思う。

またぜひ見たい。

 

③Pale

3バンド目。これまた初見。

このブログを書きながら「Paleのジャンルってなんだ?」考えていたけど、いい言葉が見つからなかったので、調べてみたら

東京のブラックゲイズ・ポストメタルバンドのPale(ペイル)」

って書いてあったツイートを見て「ああ、たしかに。」と思った。

そこでブラックゲイズって何だとWikiで調べてみたら、ブラックメタルシューゲイザーの組み合わせみたい。

ブラックゲイズ - Wikipedia

メタル自体はそんな聞かないけども、シューゲイザーの要素が加わっていたからコテコテした感じたはなく、すごく聞きやすかった。今後、ブラックゲイズのバンドも漁ってみたい。

paleofband.bandcamp.com

このDEMOの「Gossamer」って曲を聞いたのだけど、アウトロのギターがまじでかっこいい。無料DEMOみたいだしもっと聞いてから行けばよかった。

 

④ナツノムジナ

4バンド目。みんな大好きナツノムジナ。

まず季節を感じるバンドっていい。そのバンドを曲を夏に聞ける時点で最高だ。

気持ちのよい浮遊感のあるどこか懐かしいサウンドに、優しい歌声がのる曲。「あーいいなーすごいいいなー」って考えていたらすぐ終わった。あとベースがかっこいい。

下のリンクの曲をライブで聞いてイントロ時で、「うわ!めっちゃ好きだ!」って思ったら、その日にMVが出たようで。

 

www.youtube.com

この曲を含めた1stフルアルバムが出るみたいで9月6日に出るみたいです。楽しみ。

 

ナツノムジナを聞いたら、WE ARE!とかDischarming manとかを聞きたくなってしまった。

関係ないけどWE ARE!を載せる。この曲最高。音源がどこにも売ってないので持ってる人いたら誰か貸して下さい。。。

www.youtube.com

 

⑤quiqui

この企画のトリの3ピースバンドquiqui

(最近知り合ったバンドマンにquiquiを好きな人が多すぎるので、その人達にも見られていると思うと書くのがすごい緊張する)

 

最初yukueのドラムの賢ちゃんに「quiquiってバンド、マジかっこいいよ」と言われ曲を聞いてみたら、ものすごく好みのバンドで。

自分の勉強不足かもしれないけども、quiquiはものすごく形容し難い。他の人にすすめる場合にどんなバンドといえばいいのだろう。(失礼でしたらごめんなさい・・・)

奇妙なリフを刻むギター・ベース、手数の多いドラム、奇天烈な曲展開ばかりだけどもそれでいて曲全体のまとまりはある。「このイントロからこの最後の曲展開かよ!最高!!」ってなる。

昔のマスロックよりな感じも好きだけど、最近のゴリゴリハードコアよりな感じもすごい好き。

www.youtube.com

この下のリンクの2曲目がすごい好きで、ライブでやった時すごいあがった。

  

https://www.youtube.com/watch?v=__1inBeDNocwww.youtube.com

 

 quiquiらしさに昔のnervous light of sundayとかnitro mege prayerのようなあの張り詰めた感じがいい具合に出てるなあと感じた。個人的な感想だけども。

 

quiquiの弦楽器隊二人がやっているインストバンド"eito"もこれまたquiquiとは全く違う感じなので聞いてほしい。この前東京で見たとき、すごいかっこよかったな。

www.youtube.com

 

以上!とてもいいメンツの企画でした。

誰か文章の正しい書き方教えてください。

 

7月24日 - SPORT Japan Tour 沖縄編

夏期休暇と有給を駆使し、沖縄旅行を兼ねてSPORTの日本ツアー沖縄編に行きました。

 

f:id:tm110375:20170726224813j:plain

 

f:id:tm110375:20170726224833j:plain

会場について

会場はLOVEBALLという場所でした。

twitter.com

那覇空港からモノレールで15分程度で到着できる「美栄橋駅」から徒歩5分程度で到着。

会場は一階がフロア、二階がソファー席のあるBarスペースのようになっており、がっつりライブに参加したい人、ゆっくりとライブを見たい人どちらも楽しめるような作りが良かった。こういったライブハウスって少ないよなーと思ったけど、調べてみるとライブハウスよりはイベントスペースよりなのかな?

 

平日にもかかわらずソールドアウト。こういったジャンルの音楽でこれほどの規模(勝手な予想だが200から300人は入ると思われる)の会場が満員になるのは本当にすごい。沖縄で平日月曜なのに。正直月曜に東京でライブやってもよほどのバンドじゃない限り行かない気がする。

 

①unripe

1バンド目。沖縄の激情ハードコアバンド。過去envyやkillieなどのバンド招致したこともあるそうで。

フロア全体に轟音と静寂が入り乱れ、止めどない展開に終始息をのむライブだった。悪魔のような歪みを掻き鳴らしたかと思えば、次の展開ではものすごく綺麗なクリーンを鳴らすギター、絶叫ボーカルの掛け合い、全体を作り上げるリズム隊、すべてが本当にかっこよかった。あと、音源で想像していたよりもよりもとてつもなく爆音だった。 

 

unripeは数年前にたまたまYoutubeのおすすめで出てきたものを聞いて知って(何の曲だったかは忘れた)、運良く購入したmidnight paradeとのスプリットの一曲目でもう自分の中の好きが爆発した。

それがこの曲。

www.youtube.com

 

7分11秒から最後のたたみ掛けが鳥肌モノで最高。

沖縄にも激情ハードコアバンドが居るんだなーと知るきっかけとなったバンド。

 

ついさっき調べてみたらYoutubeに1stDEMOの音源があり興奮が止まらない。

現行よりもポストロック・インスト節が強く感じられるので、個人的にはたまらない。

www.youtube.com

 

ついにunripeを見てしまったという感動でしばらくは仕事頑張れそう。

当日のライブで聞いたことのないの曲がもっと暗いハードコア色の強い感じだったけども、それも死ぬほどかっこ良かったので、音源を、ぜひ音源を出してほしい・・・。Tシャツも・・・。

 

 ②offseason

2バンド目。沖縄のエモ・パンクバンド。

unripe,Bomachieca,the cops are inside usとのスプリットアルバム曲と下のMVの曲しか知らなくてライブはどんな感じだろうと構えていたら、1音目の衝撃が半端じゃなかった。はい、好きです。大好きです。

 

www.youtube.com

エモ特有の歌や軽快なギターが気持ちのいいテンポで流れる曲にのり、体を揺らしていたら一瞬でライブが終わった。曲をよく知らないからシンガロングも全く分からなかった。分からなかったけどただただ一緒に歌いたくなって叫んだ。

沖縄のカラッとした夏にぴったりなバンドだと思う。

田んぼ風景が広がる夏の縁側でずっとビールを飲みながらすっと聞いていたい。そこから夕方までずっと寝ていたい。

こんなバンドを間近のフロアで見れて本当に良かった。

あと沖縄のお客さんみんなoffseason好きすぎ。

 

③SPORT

3バンド目、トリのSPORT。フランスから来日したエモリバイバル系バンド。

個人的なきっかけは今回のSouth Nerd Film(※後述)の動画がたまたまTwitterリツイートで回ってきて聞いたことがきっかけ。多分同じように知った人多いんじゃないかな?

www.youtube.com

 

エモの熱量ときらびやかさがいい具合に融合したバンドだなあと感じた。マスロックっぽいギターフレーズもあれば、叙情的なアプローチもあり。メロディックかと思うような曲もあって、なんでもありかよ!最高!!!

 

今回の沖縄編を企画していたこへぴっぴさんがSouth Nerd Filmsと称してライブビデオを撮っているようです。今回のライブ映像もさっそく上がったようなのでぜひ見てほしい。

www.youtube.com

沖縄でかつ平日月曜にも関わらずこのフロアの盛り上がりすごくないですか?最初から最後まで本当に楽しかった。バンドとの距離ゼロでダイレクトに音を感じるこのロケーションも最高だった。SPORT本人達もものすごく楽しそうだったなあ。

 

企画者のこへぴっぴさんはSPORTに直接コンタクトを撮って海外ツアーに帯同して動画をとってくるほど、SPORT愛がすごい。その時のブログが面白いので見てほしい。

kohepi.hatenablog.com

自分には愛があってもここまでできないや。こんな人が企画する沖縄編のSPORTライブは見たいでしょ??見たいよね??絶対すごいじゃん???

そんな考えで思い切って「この日からこの日まで絶対に休みますから、休みますからね」と上司に言い放ち、一人で旅行なんて行ったことないのに沖縄にきてSPORTを見ることができて本当によかった(何とか休みを取れてよかった・・・)

写真も動画の技術について詳しくないからよく分からないけど、こへぴっぴさんが撮る写真と映像はすごい好き。どれも初めて見るものなのにどこか懐かしくて温かい感じがする。(伝われ!)

 

沖縄にライブを見に行くなんて思いもしなかったけど、とても良い思い出になりました。

 

ちなみにSPORTは全曲フリーダウンロード可。物販ではレコードを売ってました。

sport.bandcamp.com

 

 

 

文章書くの難しい(3時間かかった)

でもせっかく遠くまでライブ行って色んなこと感じて、その感情を少しでも誰かに伝えることができたらと思い、ブログを立ち上げて書いてみました。東京のライブに行った後でも何か感じることがあれば少しづつでも書いていこうかと思います。

 

土曜日の下北沢ファイナルも楽しみだ。またoffseason見れる!!!!

 

end

 

はじめ

ブログを始めてみようかと思いました。

自分が訪れたライブのレポートやいいなと思った音楽、その他自分が感じたことを連々と書いていければと思います。

ブログなんてめんどくさいし、すぐに飽きると思うけども、気ままに続けていきます。

よろしくお願いします。